2023年12月30日 (土)

建物も人も「ぬくもり」を感じる場です~コスモスホーム施設長にインタビュー(後編[完結])~

コスモスホームへの施設長へのインタビューの第2回(後編)です。第1回(前編)の「コスモスホームのご紹介(概要と特徴)」に続き、今回は、「働く場」としての雰囲気について、鎌田施設長にインタビューしました。(第1回はこちらS

地元の皆様に支えられながら、地域の高齢者をチームで支援する実感を

-ところで働く場としてのコスモスホームの特徴があれば教えていただきたいと思います。

[鎌田] まず、コスモスホームに限らず、法人全体として「まじめな方」が多いと思います。法人も仕事に対して「真摯であること」を求めていることもありますが…。「固い」というより「一生懸命」という感じの方が多いです。

  Sdsc01835 そういう職員の皆さんの「一生懸命」を大切にするために「休みをしっかり取る」ことや「資格取得」の支援など、「職員を大切にする具体策を着実に」行うことが、施設長の大きな責務だと思っています。

 ですから、資格取得支援、産休・育休、介護休業など法人が用意している「制度」を職員が利用しやすい職場づくりを心掛けています。

 法人理念の「人生はいつでもあなたが主役」の「あなた」は、ご利用者だけでなく、職員も含まれていますので、「職員主体」ということはとても重要です。

-「コスモスホームでの働きがいの源泉」ってどのようなものだと思いますか?

[鎌田] コスモスホームのご利用者の方は、相模原市内、特にコスモスセンター近隣の方がとても多いです。法人の全事業のご利用者が上溝・星が丘周辺地域の方が大変多く、地域との交流に力を入れてきたので、地元となじみの関係になっていることが大きいと思います。

 この地元の皆さんが「終の棲家」としてコスモスホームを選んでくださる、コスモスホームに期待してくださるということが、「コスモスホームでの働きがい」の源泉になっているように思います。Sdsc01855

 看取りケアに取り組み、安らかに亡くなられたご利用者をコスモスセンターの玄関から、お見送りをすると、ご家族の皆様は「コスモスホームで生涯を終えることができて本当に良かった」といって下さいます。

 コスモスホームを選んでいただき、ご利用者が最期まで自分らしく穏やかに月日を送り、ご家族からこういったお言葉をいただけることは、職員一人ひとりにとってもとても大きな喜びだと思っています。

 -施設長として、どのような方に新たに職員として加わっていただきたいと思っていますか?

[鎌田] どういう方というより、まずは施設見学にいらしていただきたいと思います。Sdsc01915

 施設の仕事は1人ではできません。ご利用者の24時間を毎日つなげていくためには「チームケア」が不可欠です。メンバーが協力しあいつつ、お互い刺激し合って成長していく、「明るく、楽しく」…という場を目指していますので、見学して「そういう仲間になりたい」と思っていただけたら、ぜひご応募ください。

 仕事への姿勢や「知識」「技術」といったことも大切ですが、何より「この場にいたい」という気持ちを育てていくことを職員育成・支援のポイントとしていきたいと、私も、職員も思っています。

-最後に、一言お願いします。

[鎌田] 法人理念「人生はいつでもあなたが主役です。」の実現を目指して、ご利用者様にとっては「毎日、安心して愛着を感じて暮らせる家」、職員にとっては「働きがいや人生の目標実現を支える職場」となるように明るく、真面目に努力を重ねていきたいと思っています。

 まずはお気軽に施設見学にお越しください。いつでも歓迎いたします。

 記事をお読みいただきありがとうございました。施設見学のご希望はコスモスセンター[042-768-1801 担当:木村]へご連絡ください。
 法人公式ホームページの求人情報コーナーはこちらです。本記事の全編[PDF]をご覧になれます。

(なお、本記事の第1回「コスモスホームのご紹介(概要と特徴)」はこちら

2023年12月29日 (金)

建物も人も「ぬくもり」を感じる場です~コスモスホーム施設長にインタビュー(前編)~

現在、コスモスホームでは正職員を募集中です。特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)は相模原市内に40施設以上ありますが、コスモスホームの概要と特色、また「働く場」としての雰囲気について、鎌田施設長にインタビューしました。S
(全2回シリーズの前編「コスモスホームのご紹介(概要と特徴)」編です。)

駅から徒歩圏 みどり豊かな環境にぬくもりを感じる建物

-まずコスモスホームの概要をお訊きしたいのですが…

[鎌田] 運営法人である「社会福祉法人上溝緑寿会」は相模原市内でさまざまな高齢者福祉・介護事業を展開していますが、コスモスホームは、法人が事業を開始した1996年に特別養護老人ホームとしてオープンした、中核施設の一つです。
 定員規模は、入所62名、ショートステイ(短期入所)8名の合計70名です。居室は様々な要望にお応えできる1人・2人・4人部屋を揃える「従来型」施設です。
 6階建てのコスモスセンターの2階と3階にあります。


-JR相模線上溝駅から近い割に意外と緑が豊かなのですね。駅からコスモスセンターに向かう途中に見上げると、大空に向かって伸びる木々から「トトロの森」を思い出しました。

[鎌田] 確かにJR相模線上溝駅から徒歩で約6~7分と近いですね。

 実は、この斜面緑地は、相模原市の特別緑地保全地区に指定されています。春になると山桜が咲き、そのあとの新緑の季節はとてもきれいですよ。


-6階建ての建物の中に入ると、内装に木がたくさん使ってあって、温かみがあります。それに、きれいですね。とても20年以上前の建物とは思えませんでした。



Sdsc01994
[鎌田]  そうですね。確かに建物の内装は温かみのある木材を多く使用した落ち着いた雰囲気だと思います。

 それでも20年以上経っているのでいろいろと修理や更新が必要ですが…。法人の直接雇用の清掃員の方が丁寧に掃除をしてくださるので、とても感謝しています。

-2階と3階がコスモスホームとのことですが、何か違いがあるのですか?

[鎌田]  間取りは2階と3階と全く同じです。ご利用者のホーム内での動線が各フロアで完結するように設計されたとのことでした。

 ですので、それぞれのフロアに食堂、スタッフルーム、浴室(普通浴と中間浴[or機械浴]のセット)などがあります。

 また、2階・3階で同じ構成で1人・2人・4人部屋を揃え、さまざまな要望にお応えできるようになっています。

-20年以上前に建てられたといっても、ずいぶんと考えられているのですね。お部屋も各室にトイレがあり、ずいぶんと広いですね…4人部屋には間仕切りが設置されています。 Sdsc02031

[鎌田] はい。プライベート空間を確保するために、設置しました。

 また、お部屋からは丹沢山地や相模線など、のどかな風景を楽しむことが出来、ご利用者様から喜ばれています。

-食堂もずいぶんと明るいですね。

[鎌田] 食堂は、お食事やお喋りなどを楽しむレストランルームとして、窓から1年を通して季節の変化を感じる木々の緑が眺められるんです。レストラン隣接の配膳室には、温冷配膳車用のエレベーターがあり、厨房から直結で配膳車が来るため、職員の負担軽減に役立っています。Sdsc01898

 お食事時間以外はご利用者の皆様が自然のそばで穏やかにお過ごし出来る憩いの空間となっています。

-なるほど、職員には優しく、利用者には居心地がよい建物になっていることがよく分かりました。

(後編「働く場としてもコスモスホームは」に続きます[12月30日公開予定]。なお、法人公式サイトの求人情報コーナーでは本記事の全編[PDF]をご覧になれます。こちらです)

2023年11月13日 (月)

4年ぶりのあじさい会館での開催~介護の日フェアinさがみはら~

11月11日(土)13時30分から「介護の日フェアinさがみはら」があじさい会館1Fホールで開催されました。あじさい会館のホールで開催されるのは4年ぶりになります。

開会式のあとの最初のプログラムは「地代を担う介護職員等勤続表彰式」

上溝緑寿会では、10年表彰3名、5年表彰1名の計4名が表彰となりました。

つづいては、市内4事業所(特別養護老人ホーム2施設、老人保健施設2施設)による「取組発表」と「市民講座」

今年のテーマは「食」。口腔ケアや嚥下機能の維持の取組みや献立の工夫など、「食」に関する様々な内容の取組みが発表され、質疑応答も行われました。

最後は「写真展表彰式」です。

恒例の「介護に笑顔は良く似合う写真展」の最優秀作品と優秀作品の表彰式です。当法人は「ずっと我が家上溝本町」デイサービス部門の作品で参加し、「奨励賞」をいただきました。

「取組発表」「市民講座」の内容と「介護に笑顔は良く似合う写真展」参加作品の動画は、Youtube「さがみはら介護の日」からご覧になれます。ご興味のある方は「さがみはら介護の日」で検索してみてください。

(リンクはこちらです⇒ さがみはら 介護の日 - YouTube )

(佐藤和夫)

2022年10月24日 (月)

明日(10月25日)にお仕事説明会を開催します!

明日、10月25日(火)の10時~と14時~、グループホーム秋桜・デイ秋桜にて
お仕事説明会を開催します(年内最後の予定です)

介護職の正職員・パート職員希望者向けですが、
すぐの就職を考えていない人でもお気軽にどうぞ。

S20221023_ghver2_400

「秋桜」は、社会福祉法人上溝緑寿会の「認知症ケアの拠点」として、2006年3月にオープンしました。

ずっと目指しているのは「ふつうの暮らし」

現在、18人の入居者の皆さん(100歳以上の方もお二人)、一人ひとりがご自分のペースでゆっくりと暮らしています。

「昼間は玄関にはカギはかけない(門はありません)」。ある方は自由に玄関を出て、庭先にベンチでくつろいでいます。

「お食事準備・後片付け」「お掃除」などは、お一人おひとりができる範囲で分担…1日、一週間、四季の自然な生活のリズムを入居者の皆さん全員が職員とともにつくります。

デイサービスでも同じ。ご利用者の皆さん自身が「毎日行きたいデイサービス」を目指し、一人ひとりの居場所をご利用者と職員が協力して作っています。

そういう「あかるく、たのしい場づくり」をする介護の仕事はもともと「あかるく、たのしい仕事」

お仕事説明会では、現場の職員が自ら説明し、ご案内します。

仕事をする、とか、しない、とかはさておき、この「あかるく、たのしい」を感じてほしいです。

認知症ケアは、もともとそういうものなんです。

明日はお申し込みが少なかったので「予約不要」もちろん、履歴書も不要です。

行こうと思った日がラッキーデー! 明日の10時、あるいは14時、グループホーム秋桜に直接お越しください。

秋桜の場所は こちらです。

法人サイトの求人情報ページは こちらです。

(佐藤和夫)

2022年10月23日 (日)

「星が丘フェスティバル」復活!!

今日は、3年ぶりに「星が丘フェスティバル(第45回星が丘地区ふるさとまつり・第12回ふれあいフェスティバル)」が星が丘小学校で開催されました。

Simg_7117

日差しが暑く感じるくらいの晴天。感染対策に配慮しながら、ステージ、模擬店など、大変な盛り上がりでした。

Simg_7118

星が丘地域包括支援センターは、福祉用具展示などで出展し、たくさんの方に声をかけていただきました。

Simg_7121

出展にご協力いただいた皆様にもお礼申し上げます。

新型コロナウイルス感染症により、分断されがちだった地域の「ふれあい」「つながり」を、再び、一歩一歩、増やしていくことはとても大切だと思います。

感染対策などで実行委員会の皆様は大変なご苦労があったと思いますが、開催してくださったことに感謝の気持ちでいっぱいです。
私たちも「やさしさいっぱい星が丘」をしっかりお手伝いしていかなければならないと改めて思いました。

(佐藤和夫)

2022年6月15日 (水)

グループホーム秋桜・デイ秋桜のお仕事説明会の追加開催決定!

6月8日&11日の「グループホーム秋桜・デイ秋桜」での「お仕事説明会」にご参加いただいた皆様ありがとうございました。

久しぶりに短い時間でしたが、施設内も見ていただきました。

就職に向けてのご検討の方には、順次ご連絡させていただいています。よろしくお願いします。

さて、昨年7月以来の「秋桜」での「お仕事説明会」でしたが、追加開催のご希望があり、

来る 令和4年6月30日(木)10時~ 開催することとしました。

S20220630_ghf3

詳しくはこちら(法人サイトの人材募集ページが開きます)。

(佐藤和夫)

2022年6月10日 (金)

グループホーム秋桜・デイ秋桜でお仕事説明会(2日目)

明日、6月11日(土)の10時~と14時~、グループホーム秋桜・デイ秋桜にて
お仕事説明会を開催します。

介護職の正職員・パート職員希望者向けですが、
すぐの就職を考えていない人でもお気軽にどうぞ。

S20220608_-f

「秋桜」は、社会福祉法人上溝緑寿会の「認知症ケアの拠点」として、2006年3月にオープンしました。

ずっと目指しているのは「ふつうの暮らし」

オープンから16年経ちましたが、「昼間は玄関にはカギはかけない(門はありません)」、「みんなでお食事準備・後片付け」、「みんなでお掃除」などなど…
18人一人ひとりの生活を大切にした「あかるく、たのしい場づくり」にご利用者と職員が協力して取り組んでいます。

介護の仕事はもともと「あかるく、たのしい仕事」

お仕事説明会では、現場の職員が自ら説明し、ご案内します(中をご案内するのは久しぶりです)。

仕事をする、とか、しない、とかはさておき、この場を感じてほしいです。

「あかるく、たのしい場づくり」ってホントに楽しいですよ。

明日はお申し込みが少なかったので「予約不要」です。明日の10時、あるいは14時、グループホーム秋桜に直接お越しください。

詳しくはこちら(法人サイトの人材募集ページが開きます)。

(佐藤和夫)

2021年10月16日 (土)

福祉のしごとフェア参加中

今日は、「かながわ福祉人材センター」主催の「福祉のしごとフェア(就職相談会)」に参加しています。

会場は「パシフィコ横浜アネックスホール」13時から16時(受付は12時30分から15時30分)です。事前申し込みは不要ですのでお気軽にお越しください。

Simg_6141

社会福祉法人上溝緑寿会は早いもので1996年の事業開始から今年で25周年となりました。職員の世代交代の時期になっており、介護、相談、ケアマネなどで、次世代の人材を募集中です。

私たちは、資格がない方でも、資格取得を支援し、専門職として育てていく責務があると思っています。

そして、介護福祉士、ケアマネジャー、社会福祉士、看護師、調理師などの資格を持った方々が、地域を支えるというやりがいを感じて仕事をするワンチームとなることを目指しています。

私たちの法人理念「人生はいつでもあなたが主役です」は、ご利用者だけでなく、職員も、地域も主役になる(実感できる)ことです。

今日、横浜でお会いできなくても、いつでもお気軽にご連絡ください。

(木村)

2020年7月17日 (金)

坂倉様100歳のお誕生日おめでとうございます

令和2717日はグループホーム秋桜で今年4人目となる坂倉文様の100歳のお誕生日です。
S001_img_1294   

次女様も100歳のお祝いに来て下さいました。坂倉さまはうれしそうな表情で次女様と過ごされ、記念にお写真を撮らせていただきました。
S002_img_1296  

遠方にお住いの長女様からは、お手紙とご本人の大好きなお菓子を送ってくださいました。 
S003_img_1299

昼食はご本人のリクエストでお寿司、手作りの茶わん蒸しと煮物、デザートのメロンを皆さんで一緒にいただきました。 
S004_img_1291

15時からはお祝いのセレモニーです。ご家族も一緒に盛大にお祝いしたいところでしたが、まだコロナ禍が続いているので、ご利用者とスタッフで行わせていただきました。

 手作りのお祝いのちゃんちゃんこを着ていただき、お席についていただきます。お祝いの会が始まるまでに何度か長女様からの手紙を読み返されている姿がみられました。
S005_img_1308

初めにご利用者様お一人お一人からお祝いのお言葉をいただきました。『ありがとう』とご利用者様に返されています。次にスタッフ一同からの感謝状を送らせていただきました。 
S006_img_1303 

利用者様から花束贈呈。『おめでとうございます』と笑顔で声を掛けられた坂倉さまは、笑顔で『ありがとう』と受け取られました。恒例の久寿玉では紐を引っ張ることを遠慮され、他のご利用者様が快く引き受けてくださり、見事に割れました。割れた中身をしっかりと見られ、笑顔になられていました。 
S007_img_1318 S008_img_1328 S009_img_1311    

ケーキの登場です。皆さんからたくさんの『おめでとう』をいただき、ご本人からも『ありがとう』と返されます。『おいしいね』『100歳は立派だ』など聞こえてくる楽しい会話と共に皆さんでおいしくいただきました。 

S010_img_1332 S011_img_1339 S012_img_1334
坂倉様本当におめでとうございます。これからも坂倉様笑顔で『ありがとう』と言っていただけるよう精一杯支えてまいります。

(岸川 剛)

2020年6月18日 (木)

定免様100歳のお誕生日おめでとうございます

令和2年6月17日はグループホーム秋桜で今年3人目、2階ユニットでは初めて100歳を迎えられた定免(じょうめん)善子様のお誕生日です。
ご長男のご夫婦もお花とねりきりをお持ちになられお祝いに来て下さいました。
嬉しそうにご長男夫婦と過ごされ、記念のお写真を撮らせていただきました。
S01_img_1150
次男様、お孫様からもお祝いのきれいなお花が届きました。
昼食は手作りのお祝い膳うなぎのちらし寿司南瓜のそぼろ煮お吸い物デザートを2階の皆様とともにいただきました。
S05_img_1159
15時からはお祝いのセレモニーです。
ご家族もご一緒に盛大にお祝いしたいところでしたが、新型コロナ禍のときでもありご利用者とスタッフで行わせていただきました。
スタッフが心を込めたお手製のお祝いの“ちゃんちゃんこ”を着ていただき、主役のお席についていただきます。
初めにご利用者の皆様から一言一言お祝いのお言葉をいただきました。
手を繋いでお祝いの言葉を話されるご利用者様もいられました。
S07_img_1181
次にスタッフ一同からの感謝状をホーム長が読み上げます。ご本人から『ありがとうございます。皆さんこれからも頑張りましょう』とのお言葉をいただき、感動の拍手です。
S08_img_1170 S09_img_0557
花束贈呈では入居者様から受け渡され『ありがとう』と喜ばれています。
S11_img_1167 S12_img_1169
恒例の久寿玉では見事に割っていただき、少し驚かれているご様子でしたがすぐに笑顔を見せてくださいました。
何度も『ありがとう』とおっしゃられていました。
S13_img_1174
サプライズで1階の入居者様がお手製のお祝いカードを渡しに来てくださいました。
ユニットを越えた繋がりを感じられました。普段は顔を合わせていなくても、皆が笑顔になります。
S14_img_1182
いよいよケーキの登場です。皆でハッピバースデーを合唱しました。
S15_img_1163 S16_img_1185
たくさんの『おめでとう』の声がユニット内で重なり、響いています。
ご本人からも『ありがとう』と返されます。
S17_img_1186
定免様ほんとうにおめでとうございます。
これからも笑顔いっぱいの穏やかな日々を過ごせるよう精一杯支えてまいります。
(岸川 剛)

«「支援」「友情」「連帯」の想いに感謝