« 桜の記憶 | トップページ | 木の火鉢 »

2013年1月26日 (土)

ボランティア多士済々

上溝緑寿会の3拠点(コスモスセンター、星が丘デイサービスセンター、グループホーム・認知デイ秋桜)には、日々たくさんのボランティアの方がいらっしゃいます。

分野や年齢も幅広いです。こまごまとした作業のお手伝い、各種手芸教室、絵手紙教室、写真撮影・展示、季節の飾りつけ、庭仕事、外出付き添い、喫茶、野菜づくりの指導、などなど。

老若男女、多士済々。「玄人はだし」の方がたくさんいらっしゃるので、ご利用者の皆様に喜ばれ、感謝され、職員にとって教えられることが日々たくさんあります。

季節ごとのイベントでは、地元の方だけではなく、プロの歌手の方も来てくださいます。

Simg_0627

写真は昨年のクリスマスコンサート。このコンサートは法人全体の行事として、毎年行っています。昨年も素敵なコンサートだったので、その様子をご紹介しましょう。

歌い手としてお越しくださったのは、一昨年に引き続き、2年連続で、藤原歌劇団に所属されているソプラノ歌手 本宮寛子(もとみや ひろこ)さんです。
ピアノの伴奏は、やはり一昨年に引き続き、呉恵珠(くれ けいじゅ)さんです。

会場は、コスモスセンターのデイサービスホール。

13時30分に開場。
コスモスホーム、コスモスハウスの居住者、コスモスデイサービスのご利用者や、法人の他の拠点のグループホーム秋桜、デイ秋桜、星が丘デイサービスデイサービスセンターのご利用者、ご家族、地域のボランティアの皆さん、100名以上の方の期待に満ちた表情であっという間に座席が埋まっていきます。

14時過ぎにコンサートスタート。

クリスマスソング、讃美歌、日本の唱歌…、知っている歌はみんなで口ずさみ、クリスマスが舞台のオペラ「ボエーム」の歌曲「ムゼッタのワルツ」では、美しい旋律と歌声に酔いしれます。

とても素敵なクリスマスのひとときになりました。

アンコールでは「きよしこの夜」を皆で合唱。本宮さん、伴奏の呉さん、そして会場の皆さんの気持ちが一つになりました。

あっという間の約1時間のコンサート。出演のお二人に記念の花束を贈呈します。(写真)

ご利用者の皆さんも、ご家族も、職員も、「老いも若きも」目を潤ませていました。歌で気持ちが伝わりあったせいかもしれません。

本宮寛子さん、呉恵珠さん、本当にありがとうございました。

(常務理事 佐藤 和夫)

« 桜の記憶 | トップページ | 木の火鉢 »

文化・芸術」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

ボランティア」カテゴリの記事

イベント・行事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボランティア多士済々:

« 桜の記憶 | トップページ | 木の火鉢 »