« 上溝の井戸はみなさんご長寿で貴重な地域の財産です | トップページ | 「さがみハート展」に行ってまいりました。 »

2018年11月27日 (火)

「さがみハート展」~今年も市民ギャラリーで11月29日から~

今年も、11月29日から、相模原駅ビル内の「市民ギャラリー」で、「さがみハート展」~詩と絵画のコラボレーション~が開催されます。今年で10回目となったそうです。

「さがみハート展」とは統合失調症やうつ病などの精神に障がいをかかえている人が紡ぎだした詩に、あじさい大学のOBの人々や上溝南中学校、大野台中学校の生徒等が、その詩を題材に絵を描き、詩と絵を一緒に展示するコレボレーション展です。

この展覧会を通して、当事者のメッセージが社会に届き、人と人とがつながり、障害への理解が広がることを目指しています。

上溝緑寿会は、ずっとこの展覧会を応援しており、9月には市内を巡回して作品展示をおこなう、「巡回さがみハート展」の会場となりました。

誰もが抱く可能性がある、不安や怖れ、希望、救いの希求、といった想いのこもった「言葉のつながり」が「詩」となります。その言の葉の一つ一つを受け止めた絵が描かれて…

「詩」の言葉を紡ぐ方、絵を描く方は、年齢も性別もばらばらだそうです。そこでの「一期一会」の出会いが、心と心との「共鳴」を生み、詩と絵画のイメージが重なり合います。

一人でも多くの方の心に、この「響き」が届いてほしいと思います。

開催場所:相模原市民ギャラリー(JR相模原駅ビル4階)

開催日時:平成30年11月29日(木)~12月3日(月) 10時~18時
(但し初日は13時から、最終日は15時まで)

詳しい情報は、さがみハート展実行委員会の公式ページ( こちら )をご覧下さい。

皆様、ぜひ、足をお運び下さい。

(佐藤和夫)

« 上溝の井戸はみなさんご長寿で貴重な地域の財産です | トップページ | 「さがみハート展」に行ってまいりました。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

イベント・行事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「さがみハート展」~今年も市民ギャラリーで11月29日から~:

« 上溝の井戸はみなさんご長寿で貴重な地域の財産です | トップページ | 「さがみハート展」に行ってまいりました。 »