« 建物も人も「ぬくもり」を感じる場です~コスモスホーム施設長にインタビュー(前編)~ | トップページ

2023年12月30日 (土)

建物も人も「ぬくもり」を感じる場です~コスモスホーム施設長にインタビュー(後編[完結])~

コスモスホームへの施設長へのインタビューの第2回(後編)です。第1回(前編)の「コスモスホームのご紹介(概要と特徴)」に続き、今回は、「働く場」としての雰囲気について、鎌田施設長にインタビューしました。(第1回はこちらS

地元の皆様に支えられながら、地域の高齢者をチームで支援する実感を

-ところで働く場としてのコスモスホームの特徴があれば教えていただきたいと思います。

[鎌田] まず、コスモスホームに限らず、法人全体として「まじめな方」が多いと思います。法人も仕事に対して「真摯であること」を求めていることもありますが…。「固い」というより「一生懸命」という感じの方が多いです。

  Sdsc01835 そういう職員の皆さんの「一生懸命」を大切にするために「休みをしっかり取る」ことや「資格取得」の支援など、「職員を大切にする具体策を着実に」行うことが、施設長の大きな責務だと思っています。

 ですから、資格取得支援、産休・育休、介護休業など法人が用意している「制度」を職員が利用しやすい職場づくりを心掛けています。

 法人理念の「人生はいつでもあなたが主役」の「あなた」は、ご利用者だけでなく、職員も含まれていますので、「職員主体」ということはとても重要です。

-「コスモスホームでの働きがいの源泉」ってどのようなものだと思いますか?

[鎌田] コスモスホームのご利用者の方は、相模原市内、特にコスモスセンター近隣の方がとても多いです。法人の全事業のご利用者が上溝・星が丘周辺地域の方が大変多く、地域との交流に力を入れてきたので、地元となじみの関係になっていることが大きいと思います。

 この地元の皆さんが「終の棲家」としてコスモスホームを選んでくださる、コスモスホームに期待してくださるということが、「コスモスホームでの働きがい」の源泉になっているように思います。Sdsc01855

 看取りケアに取り組み、安らかに亡くなられたご利用者をコスモスセンターの玄関から、お見送りをすると、ご家族の皆様は「コスモスホームで生涯を終えることができて本当に良かった」といって下さいます。

 コスモスホームを選んでいただき、ご利用者が最期まで自分らしく穏やかに月日を送り、ご家族からこういったお言葉をいただけることは、職員一人ひとりにとってもとても大きな喜びだと思っています。

 -施設長として、どのような方に新たに職員として加わっていただきたいと思っていますか?

[鎌田] どういう方というより、まずは施設見学にいらしていただきたいと思います。Sdsc01915

 施設の仕事は1人ではできません。ご利用者の24時間を毎日つなげていくためには「チームケア」が不可欠です。メンバーが協力しあいつつ、お互い刺激し合って成長していく、「明るく、楽しく」…という場を目指していますので、見学して「そういう仲間になりたい」と思っていただけたら、ぜひご応募ください。

 仕事への姿勢や「知識」「技術」といったことも大切ですが、何より「この場にいたい」という気持ちを育てていくことを職員育成・支援のポイントとしていきたいと、私も、職員も思っています。

-最後に、一言お願いします。

[鎌田] 法人理念「人生はいつでもあなたが主役です。」の実現を目指して、ご利用者様にとっては「毎日、安心して愛着を感じて暮らせる家」、職員にとっては「働きがいや人生の目標実現を支える職場」となるように明るく、真面目に努力を重ねていきたいと思っています。

 まずはお気軽に施設見学にお越しください。いつでも歓迎いたします。

 記事をお読みいただきありがとうございました。施設見学のご希望はコスモスセンター[042-768-1801 担当:木村]へご連絡ください。
 法人公式ホームページの求人情報コーナーはこちらです。本記事の全編[PDF]をご覧になれます。

(なお、本記事の第1回「コスモスホームのご紹介(概要と特徴)」はこちら

« 建物も人も「ぬくもり」を感じる場です~コスモスホーム施設長にインタビュー(前編)~ | トップページ

コスモスホーム」カテゴリの記事

コスモスセンター」カテゴリの記事

求人情報」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。