ずっと我が家上溝本町

2018年11月25日 (日)

上溝の井戸はみなさんご長寿で貴重な地域の財産です

「上溝百科事典」さんのブログで、「井戸の話」 がありました。

そうです。上溝には昔、たくさん井戸があったし、今も残っています。

こちらは「ずっと我が家上溝本町」の土蔵の脇にある井戸

Strim_img_4932

側面には、「大正四年十一月 藤屋」と彫られています。つまり、この井戸ができたのは百年ちょっと前のことになります。

相模原の地形は「上段・中段・下段」の「河岸段丘」となっており、上溝地区は「中段」です。地形的な特色から、上溝は、井戸や湧水でとても「水が豊かな街」でした。

道保川沿いや日金沢の湧水を利用した「わさび田」がありましたし、街中では生活用水として「井戸」がたくさん掘られていました。個人宅の井戸の他、共同井戸もたくさんありました。
地区の歴史のある水道工事会社は、昔の地図では「井戸掘り」業となっています。

相模原のキャッチコピーは「潤水都市 さがみはら」ですが、上溝も昔から「潤水」だったのです。

横山丘陵の斜面は、「保全緑地」として親しまれていますが、豊かな緑があるところには豊かな水があり、里山として、資材としての木材、燃料となる薪、そして水…貴重な生活資源を、上溝の街に提供していた「大切な山」でした。

上溝の街に残っている井戸はみなさんご長寿で、貴重です。今も水を湛えています。
地域で、大切にしていきたいと思います。

(佐藤和夫)

2018年11月19日 (月)

11月18日第2回「中央区ぶらさんぽ」が開催されました

昨日、地域発見のスタンプラリーとして、2回目の「中央区ぶらさんぽ」(主催:中央区みらい協働プロジェクト実行委員会)が開催されました。

お知らせしたとおり、今年は、上溝地区、星が丘地区、横山地区を中心としたエリアが対象となり、「ずっと我が家上溝本町」敷地内の「土蔵」が17の「魅力スポット」のひとつとなっています。

防災倉庫として使用している土蔵の1階を仮設の展示スペースに設え、昨年発見された「相武電気鉄道関連資料」の一部が展示されました。

主な展示内容は、90年前に上溝3丁目に建設予定だった「上溝駅駅舎」や「社宅」、「電車庫」の図面、横浜線淵野辺駅から田名までの実測路線図と現在の地図との対比図面、旧鉄道省への申請書類や免許状の写し、などなどです。

10時から開始。全景はこんな感じです。

Sp1030942

だんだんと、参加者の皆さんがいらっしゃいました。

Sp1030939


Strim_p1030936

どんどん、次から次へと…。みなさん、熱心に説明を聞いてくださいます。

Sp1030937

説明してくださるのは、相武電気鉄道については日本で一番詳しい(たぶん)トコロジストの豊島直樹さん。

Sp1030944

ガイドツアーへの参加者の皆さんです。土蔵の右側に見える長い棒みたいなものが、今回展示した「フィートメモリの箱尺」(測量用具)を伸ばした状態(15フィート…約4.5メートル)です。

15時の終了までに、100名以上の方がいらっしゃいました。お越しになった参加者皆様、本当にありがとうございました。

今回の「ぶらさんぽ」は17の「魅力スポット」それぞれ特色があり、多くの方の参加がありました。参加者の皆様のご感想はいかがだったでしょうか。雨にならなくて本当に良かったです。

他の「魅力スポット」どんな感じだったのかな?と思われる方は、こちらのブログ

「上溝百科事典」さんの「ぶらさんぽ」リポートその1

からご覧ください。「上溝百科事典」さんは、「ぶらさんぽ」だけでなく、上溝のさまざまな情報や魅力ポイントについてたくさん発信されています。

(佐藤和夫)

2018年11月10日 (土)

ずっと我が家の「土蔵」が「中央区ぶらさんぽ」の魅力スポットに!

平成30年11月18日(日) [午前10時~午後3時まで 雨天中止]に地域発見のスタンプラリーとして、2回目の「中央区ぶらさんぽ」が開催されます(主催:中央区みらい協働プロジェクト実行委員会)。

地域の文化や歴史を歩いて知ろうという催しですが、今年は、上溝地区を中心としたエリアが対象となり、17の「魅力スポット」が設定されています。

今回、「ずっと我が家上溝本町」敷地内の「土蔵」が「魅力スポット」になり、昨年発見された「相武電気鉄道関連資料」の一部を展示することとなりました。

S

現在、土蔵は、施設の「防災倉庫」として利用していますが、施設建設前は、個人宅の土蔵でした。その収蔵品に相武電鉄資料が含まれていることが分かったのが昨年の11月のことです。

11月18日の1日だけ、「相武電鉄資料の里帰り」のため、土蔵の1階部分を仮設の展示スペースに設えます。

スペースの関係で「淵野辺~田名久所」間の資料に限定しますが、その後の資料整理から確認できた新たな資料(上溝3丁目に建設されるはずだった「上溝駅平面図」や測量に使われたと思われる「箱尺」等)もスペースの許す限り展示される予定です。

「土蔵」からのメッセージがあります。

S20181110_300dpi


少しでも多くの皆様に、地域の先人の足跡を見ていただくために、出来るだけ多くの方にご来訪いただきたいと思っています。
当日参加も可能ですので、どうぞお気軽にお越しください。

なお、イベントの問い合わせ等は、中央区役所地域振興課(電話 042-769-9801)へお尋ねください。

(佐藤和夫)

2018年9月13日 (木)

もうすぐ「溝の朝市」!今度の日曜です

「ずっと我が家上溝本町」(中央区上溝6-2-22 上溝本町交差点前)の正面広場では、毎月第3日曜日、8時~9時30分まで、上溝商店街振興組合による「溝の朝市」が開催されています。

朝市では、三浦の海産物、新鮮野菜や、お肉、お豆腐、お菓子、生花、乾物、コーヒー、サンドイッチ、インドカレーなどなどのお店が所狭しと並び、いつも大人気。

「毎月第三日曜日の朝食はここでいただく」という方もいらっしゃいます。

朝市開始前から、「ずっと我が家」の門の前は黒山の人だかりになります。

今月は16日(日)の予定(但し、雨天中止です)。よろしければご来場ください。

(佐藤 和夫)

2017年9月12日 (火)

「溝の朝市」大人気!

「ずっと我が家上溝本町」(中央区上溝6-2-22 上溝本町交差点前)の正面広場では、毎週第3日曜日、8時~9時30分まで、上溝商店街振興組合による「溝の朝市」が開催されています。

朝市では、新鮮なお野菜や、お肉、お豆腐、お菓子、生花、乾物、コーヒー、パン、カレーなどなどのお店が所狭しと並び、いつも大人気。

朝市開始前から、「ずっと我が家」の門の前は黒山の人だかりになります。

9月は17日(日)の予定(但し、雨天中止です)。よろしければご来場ください。

(佐藤 和夫)

2017年1月31日 (火)

Jcomテレビの「夕なび」の中継がありました!

1月28日、JCOMテレビの「夕なび」さんが「ずっと我が家上溝本町」のデイサービスに来てくれました。

Strimimg_1846

午後4時からの生中継で、約15分間、「~なんでもご長寿自慢~」というテーマで、「ずっと我が家上溝本町」デイサービスをご利用いただいている「健康長寿」の皆さんが紹介されました。最高齢は102歳!

テレビに映るということで、皆さん大盛り上がり、いつも以上のお元気に職員一同、圧倒されました。

「楽しかったわぁ。また来ないかしら。」…「夕なび」の皆さん、いつでもまたどうぞ。

桜の季節は、「ずっと我が家上溝本町」自慢のシンボルツリー、樹齢100年以上の桜がきれいですよ。
(拠点長 横井顕)

2017年1月30日 (月)

季節のたより 1月 その2

1月28日、「ずっと我が家上溝本町」の庭園の白梅が咲いていました。
もう七分咲きくらいでしょうか。今年は早い気がします。

Strimp1030141


Strimp1030140

「ずっと我が家上溝本町」の建設前から植えられていた「年老いた梅」ですが、近づくととても良い香りがします。

老いても矍鑠(かくしゃく)として、可憐に花を咲かせる梅…見習いたいです。
(理事長 佐藤和夫)